撮影TIPS 写真がブレる?室内で子供を撮るときに便利なISOオート低速限界の使い方

「家の中で子供を撮ると必ずブレます。。。」

パパさんママさんカメラマンからよく質問されるこんなお悩みに対してご提案します。それは、、、

ズバリ!
「ISOオート低速限界を使う!」

「ん?どういうこと?」と思った方へ、これから具体的に解説していきますね^^

室内で子供を撮るとき写真がブレるのよね〜
なんとかならないかしら?
かつきはな
かつきはな
かつきしょうへい
かつきしょうへい
そんなときは
ISOオート低速限界を使うとブレずに写真が撮れるよ!

目次

1.室内撮影で写真がブレる原因

2.ISOオート低速限界を使おう!

3.ISOオート低速限界が使えないカメラも?

4.まとめ:ISOオート低速限界は便利な機能!

室内撮影で写真がブレる原因

家の中や部屋の中で動きまわる子どもを撮ろうとすると写真がブレる原因は、

「光量不足によるシャッタースピードの低下」

です。室内は屋外と比べて光の量が圧倒的に少ないことが多いです。

そういう状況で写真を撮ると、カメラは光が少ないのでシャッタースピードを遅くして、つまりシャッターを長く開けて光をたくさん取り込もうとします。

シャッタースピードが遅くなると、子どもが動くことによる被写体ブレがおこりやすくなります。

具体的な数字をいうと、

被写体ブレが起こりやすくなるシャッタースピード → 1/250秒以下

つまり、家の中で写真を撮っていて、シャッタースピードが1/250秒より遅くなっている(1/60秒とか1/30秒とか)場合は、写真がブレやすくなると思って良いでしょう。

なるほど!
シャッタースピードが1/250秒より遅くなると
写真がブレやすくなるのね!
かつきはな
かつきはな

ISOオート低速限界を使おう!

ISO低速限界のメニュー

室内で写真がブレるときに便利な機能がありまして、それが、

「ISOオート低速限界」です!

何やらけったいな名前ですね(^^;;

ISOオート低速限界を簡単に説明すると、

ISOオート低速限界=シャッタースピードが必要以上に遅くならないように設定できる機能

たとえば、ISOオート低速限界を1/250に設定すると、シャッタースピードが1/250秒よりも遅くならないようにカメラが頑張ってくれるんです(笑)

具体的にどう頑張るかというと、シャッタースピードが1/250になったらISO感度を上げることによって露出をキープして、シャッタースピードが1/250よりも遅くならないようにしてくれるんですね。

このISOオート低速限界は、絞り優先やプログラムオートの撮影モードで使えると思います。

僕のカメラの設定はこんな感じです。
「撮影モードは絞り優先」
「ISOはオート」
「ISOオート低速限界は1/250」

これでちょっと暗い室内でもブレることなく写真が撮れます。

とりあえずカメラの設定で、
ISOオート低速限界を1/250にしておけばいいのかな?
かつきはな
かつきはな
かつきしょうへい
かつきしょうへい
そうだね!
シャッタースピードが1/250以上あれば
動く被写体でもブレずに撮れるよ!

ISOオート低速限界が使えないカメラも?

ISOオート低速限界は比較的あたらしい機能で、古いデジカメやエントリーモデルのデジカメには付いていないことがあります。

僕はカメラをオートで撮るとき「ISOオート低速限界」は必須の機能だと思っているので、今後はすべてのカメラにつけてほしいくらいです(^^)

まとめ:ISOオート低速限界は便利な機能!

いかがでしたでしょうか?

「ISOオート低速限界」初耳だった方も多いと思いますが、便利な機能のなのでぜひ使ってみてくださいね。

ISOオート低速限界はいったん1/250に設定しておけば基本的にそのままにしておいて大丈夫ですよ。

屋外で光が十分あるときは自然とシャッタースピードが1/250以上になりますし、室内など暗い時だけシャッタースピードが1/250より遅くならないようにストッパーの役割を果たしてくれます。

ISOオート低速限界はブレ防止のための便利な機能なんですね♪

ISOオート低速限界って
むずかしい名前だけど便利だね!
さっそくわたしのカメラでも設定してみよっと♪
かつきはな
かつきはな
かつきしょうへい
かつきしょうへい
カメラを購入する際は、
「ISOオート低速限界」が付いていることも
1つの条件にしても良いかもね!

耳よりなお知らせや
最新情報をSNSで発信中!