撮影上達TIPS 写真が暗くなるのはなぜ?

 

「写真が暗くなるんですけどなぜですか?」

よくある質問ですね!

まずはこちらの写真をご覧ください♪

写真講座

お子さんの写真を撮ったのに、顔が暗く写っちゃった。。。

こんなことよくありますよね。

カメラは自動になってるのに何で?と思われるかもしれません。

実はこれはカメラの仕組みにカラクリがあるんです!

カメラは全体の明るさのバランスを見て露出を決定します。

もう一度上の写真を見て頂いて何かお気付きの点はありませんか?

答えは右上に「空が入っているから」です!

しかも少し逆光気味で、カメラが空をまぶしい!と感じているんです。

「よしそれじゃ全体を少し暗めにしよう!」

とカメラが勝手に判断して暗く写ってしまうんですね。

では次の写真をご覧ください。

写真講座

向きは変えずに、空が入らないように少しだけずらしてみました。

そうすると明るくなりましたね!

このように背景に強い光がある場合はそれを隠せば明るく撮ることが出来ます♪

ということで写真が暗くなった時は、背景に何か強い光がないかチェックしてみましょう!

そしてその背景の明るい部分をフレーミングから外してあげましょう!

簡単ですがちょっと覚えておくと撮影の時のヒントになるかと思います(^^)

photographer かつきしょうへい

耳よりなお知らせや
最新情報をSNSで発信中!